YouTubeも観られて、ブルートゥースも繋がっちゃう、縦型大画面を30アルヴェルにフェードイン! 

  • 公開日時 :
  • 更新日時 :

12.1インチの最強マルチメディア

液晶大画面の決定版発売スタート

新世代カーマルチメディアシステムEarth

機能紹介は前編で!

純正機能との連動などマルチな機能が満載。しかもカプラーONの簡単取り付け!!

カーマルチメディアシステム Earth KGM-S810AV ver.1.1 ケースペック アルファード ヴェルファイア ハリアー カーナビ グーグル

現在考えられるマイナス面は、DVDが観られない(→RCA接続から機器をつなげば簡単に接続OK)、ナビゲーションのパケット代が別途掛かる(→常に最新のナビゲーション情報が使えるため、ナビの地図更新サービスのアップデート代だと思えば十分に相殺する)、程度なので、もはやデメリットとは呼べないレベル。

キットには入力用のUSBが2口と、本体に内蔵されているグーグルマップ起動用のGPSアンテナが付属する。USBはグローブボックス内などに収納しておいて外部機器を接続する際に使用できる。

このEarthには、取り扱い方法がひと目でわかる操作マニュアルが用意されており、いつでも大型画面を見ながら、その取り扱いまで導いてくれる。商品コードに「ver1.1」と記されていることからもわかるとおり、USBメモリを使ってのバージョンアップが可能。機能の追加や修正なども無料でその都度アップデートできる。商品に関しての不具合に対しては保証期間3年というフルサポートもありがたい。

スマホを大画面で使うように、直感的に使えるインターフェイスをフル活用。車内の快適なカーライフをさらにグレードアップさせたいならこれはかなりベストな最新アイテムが登場したと言える!

ラジオも簡単再生!


ラジオ機能は内蔵済み。再生は誰でも簡単に操作できるインターフェイスを採用。AUTO.P機能を使えばチューニング不要で勝手にサーチ、登録まで簡単にできる。

アース本体にも保存可能!


内蔵のハードディスク容量は音楽データをストックするに十分な32GB。内蔵ハードを使わずにダイレクトにUSBを読み込めば容量を減らさずに済むという使い方も可能。

各種音楽再生も楽々!


ブルートゥース接続すれば配線作業など一切不要でスマホ内の音楽が再生可能。他にもMP3やムービーファイルなど使える拡張子は多数アリ!

サウンドポジション設定も充実


高品質アンプを搭載したEarth。指先ひとつで音の定位を室内空間の好みの座席、好きな場所に設定できるという視聴ポジション設定なども意のままに行なえる。

スマホの通話も簡単に連動!


スマートフォンとブルートゥース接続すれば電話の受け答えも楽々。さらに純正ステアリングのボタンでも操作可能。これなら急な電話対応もハンズフリーで安心。

イコライザー設定でこだわり派も納得!


聴く音楽ジャンルによって音域を細かく設定できるイコライザー操作も任意に操れるためオーディオ好きな人もそのこだわりをフルに発揮できる楽しい機能が満載だ。

タブ機能はショートカット時に便利!


画面上部のボタンをタッチすればアクセスできるブラウザのタブ機能。これまで起動させた機能にラベル付け、ショートカット的に使用できる便利な機能だ。

指先ひとつで隣の機能へ移動可能!


ラジオ画面から音楽画面への移動も指先ひとつ画面をなぞるだけ。この“スワイプ”機能を使えばさらに感覚的に各機能へのアクセスが迅速に可能なのだ。

バックカメラとも連動!


バックカメラと連動すれば車庫入れ時も背後確認ができ、クリアランスソナーを使って周囲の状況把握も可能。ステアリングと連動してサイドラインも映し出される。

純正スイッチとの連動性も


純正ステアリングのリモートコントロールスイッチと連動しているため、メインパネルにタッチせずともボリュームのアップダウンなど、各種操作が可能なのも嬉しい。

便利なミラーリング対応!


スマホと連動できるミラーリング機能を使っての音楽再生や各種機能が車内の大型モニターで楽しめる!使い慣れたスマホを車内の大型モニターで気軽に使う感覚!

ワンタッチで即ホーム画面へ


使用頻度の高いホーム画面へは左上のボタンをタッチすれば即戻ることが可能。スマホ世代の人なら違和感なく操作できるまさに次世代型のカーマルチメディアシステムだ。

便利な上下2画面表示も


全画面とは別に、上下に2画面を同時表示できる機能も搭載。2画面時のモニターサイズはTVのワイド画面サイズに相当するよう設計されているのだとか。

イマドキなSNSにも対応!


LINEやフェイスブック、インスタグラムやツイッター、YouTubeなどSNSへも対応済み。インストール済みのアプリにログインすれば自分のSNSに飛んでいける仕組み。

上下2画面+スワイプも


上段画面ではナビゲーション画面を映しながら、下段画面ではラジオ操作画面から音楽操作画面へとスワイプ……。例えば、こういった多彩な操作性にも柔軟に対応。


ケースペック 杉浦孝典氏
最強に使えるGARAX“Earth”開発責任者の杉浦孝典さん。まずは30アルヴェル用からスタート、大型モニターサイズを維持しながらの新型車種開発に余念がない。

GARAX Earth KGM-S810AVver.1.1

●インチ:液晶12.1インチ
●使用可能デバイス:USB、スマートフォン、AUX
●スペック:AV-OUT×2(サブウーファー有)、AV-IN×2、カメラ×1、Wi-Fi、ブルートゥース、GPS
●対応車種:30アルファード/ヴェルファイア(前期/後期対応)
(現在開発中車種:60ハリアー、20アルファード/ヴェルファイア、30アルファード/ヴェルファイア JBL装着車用)
●価格:19万8000円

エアコンの吹き出し口と周囲の銀のパネルには純正パーツを流用するため後付け感が一切無い。カラーは高級車であるアルヴェルユーザーに最適なピアノブラックを採用。

GARAXギャラクス
問ケースペック・エレクトロニクス
0566-54-5788
http://garax.jp

カーマルチメディアシステムEarth、その製品紹介とナビやアプリなどの機能紹介は前編で!

でかっ! タブレットみたいな縦型大画面を愛車にビルトインしてみない? 30アルヴェルなら今すぐできる!


スタイルワゴン2019年3月号より

[スタイルワゴン・ドレスアップナビ]

スポンサードリンク