LEXUS最高級MPVの名はLM 300hとLM350! L-Finesseはミニバンをプレミアムに!

  • 公開日時 :
  • 更新日時 :

関連記事

速報として4月16日にワールドプレミアとなるコトを紹介したLEXUS LM。
LEXUSの中国部門は4月9日にプレスリリースを公開しましたが、ついていたのはティーザー画像と言われるクルマのイメージを伝えるカットのみ。
実はその前にもLEXUSの中国部門は3月29日に第1弾としてプレスリリースを出していました。
その写真がコチラです。

ティーザー画像にみるLEXUSらしさとは?

発表間近のレクサスLMのディテールを考察

グリルとヘッドランプ周辺のみのカットです。
LEXUSのデザインフィロソフィー「L-finesse」に基づいた次世代デザインにのっとり、ボリューム感あるスピンドルグリルがセンターに配されています。
高級感溢れるカーブとダイナミックなアングルで、LEXUSであることを主張。
さらに、高輝度3連LEDヘッドランプは、LEXUSを象徴するL字型ランプと組み合わされ、ファミリーの一員であるコトを象徴しています。
中でもLEXUS LXやRXのようなグリル下部の面積が大きい威厳あふれるフェイスが予想されます。

LMの名の由来は

MPVという記述がリリースに

LMという名称の由来はなんでしょうか。
各カテゴリーのフラグシップである各車にはラグジュアリーを意味するLが使われています。
そして、プレスリリースには、MPVというコトバが。
LSのSはセダン、LCはクーペといった風に、ラグジュアリーというワードと、ボディタイプなどを組み合わされているコトを考えると、LMのMは、MPVと推測されます。
となると、MPVはマルチパーパスビークルではなく、マルチパッセンジャービークルのでしょう。
LMは、ラグジュアリー・マルチパッセンジャービークルというコトになりそうです。

ちなみに、2019年に登場するというLEXUSのヨットはLYという呼称がついています。

LEXUS LY



LEXUSの65フィート級のヨット、LY650。

その名はLM350とLM300h

すでに商標登録申請済み!

実は「LM350」と「LM300h」という名称がすでに商標登録の申請が出されています。
いままでのLEXUSのグレード命名の定義に基づけば、3.5リッターと2.5リッターハイブリッドというコトが予想されます。

LM350のエンジンは、V型6気筒3.5リッターの2GR-FKS Dual VVT-i(吸気側VVT-iW)。
LM300hのエンジンは、直列4気筒2.5リッターの2AR-FXEでしょう。

2GR-FKS Dual VVT-i

2AR-FXEとハイブリッドシステム

LEXUS LMのサイドビューをチェック!

全体のフォルムはまちがいなく30アルヴェルのもの

さて、フォルムは間違いなく、現行型のトヨタ・アルファード&ヴェルファイアのもの。
気になるのは、メッキと思われる加飾パネルがフロントドアのウインドウ下端からBピラーを経て、後席ガラスの上部へと繋がり、大きなアイコンとなっていることです。

ミラーはもしかしてカメラ?

加飾パネルが最上級を表す

ティーザー画像でひときわ印象的な、ボディサイド全体に渡る加飾パネルは、LEXUSのデザインフィロソフィーとされるL-Finesseを思い起こさせるもの。
LEXUSのLをモチーフにした大胆な造形でありながら、エレガントさも兼ね備えるデザインアイコンになりそうです。

ドアミラー周りは暗くてわかりませんが、もしかすると、LEXUS ESに続き、デジタルアウターミラーを採用している可能性もあります(ショーカーのみかもしれません)。

やはり、エンジンやボディフォルムを加味すると、30系と呼ばれる現行型アルファード&ヴェルファイアがベースというのが濃厚のようです。

L-Finesseのデザイン言語は

ミニバンをどこまでLEXUSたらしめるのか?

気になる1台、LEXUS LM。
引き続き、その詳細が分かり次第、スタイルワゴン・ドレスアップナビでは速報記事をアップしていきます。

※LM画像引用元 http://www.lexus.com.cn/node/3853
[スタイルワゴン・ドレスアップナビ]

アクセスランキング

  1. こんなプロボックスあり!? 今どきなフラップエアロに超深リムが履ける過激なオバフェン!
    2019年10月21日
    こんなプロボックスあり!? 今どきなフラップエアロに超深リムが履ける過激なオバフェン!
  2. こんなプロボックスあり!? 今どきなフラップエアロに超深リムが履ける過激なオバフェン!
  3. マツダ3のベストチューニングが早くも登場! オートエクゼが新世代ホットハッチ感満載のパーツをリリース!|カスタム
    2019年10月21日
    マツダ3のベストチューニングが早くも登場! オートエクゼが新世代ホットハッチ感満載のパーツをリリース!|カスタム
  4. マツダ3のベストチューニングが早くも登場! オートエクゼが新世代ホットハッチ感満載のパーツをリリース!|カスタム
  5. ドアパネの靴擦れ汚れをレザーで防ぐ! 人気のドアキックプロテクターに9車種が追加!|トムス
    2019年10月21日
    ドアパネの靴擦れ汚れをレザーで防ぐ! 人気のドアキックプロテクターに9車種が追加!|トムス
  6. ドアパネの靴擦れ汚れをレザーで防ぐ! 人気のドアキックプロテクターに9車種が追加!|トムス
  7. まるで純正のように! 相性良好! 貼り付けるだけでメッキの煌めきを高める30系アルファード&ヴェルファイア用パーツ
    2019年10月20日
    まるで純正のように! 相性良好! 貼り付けるだけでメッキの煌めきを高める30系アルファード&ヴェルファイア用パーツ
  8. まるで純正のように! 相性良好! 貼り付けるだけでメッキの煌めきを高める30系アルファード&ヴェルファイア用パーツ
  9. 新型カローラツーリングはモデリスタバージョンでどこまでカッコよくなるか!?|カローラ カスタム
    2019年10月20日
    新型カローラツーリングはモデリスタバージョンでどこまでカッコよくなるか!?|カローラ カスタム
  10. 新型カローラツーリングはモデリスタバージョンでどこまでカッコよくなるか!?|カローラ カスタム
  11. 踏み間違い事故をカンタン装着で防止! 国産200車種以上対応!『あしもと見守るくん』
    2019年10月21日
    踏み間違い事故をカンタン装着で防止! 国産200車種以上対応!『あしもと見守るくん』
  12. 踏み間違い事故をカンタン装着で防止! 国産200車種以上対応!『あしもと見守るくん』
アクセスランキング一覧を見る

記事情報

  • 公開日時 :
  • 更新日時 :

アクセスランキング

  1. 新型カローラツーリングはモデリスタバージョンでどこまでカッコよくなるか!?|カローラ カスタム
    2019年10月20日
    新型カローラツーリングはモデリスタバージョンでどこまでカッコよくなるか!?|カローラ カスタム
  2. 新型カローラツーリングはモデリスタバージョンでどこまでカッコよくなるか!?|カローラ カスタム
  3. 中古ベースがいまアツい! 20系アルファードを過激に仕立てるブラックパールの超絶カスタム!
    2019年10月20日
    中古ベースがいまアツい! 20系アルファードを過激に仕立てるブラックパールの超絶カスタム!
  4. 中古ベースがいまアツい! 20系アルファードを過激に仕立てるブラックパールの超絶カスタム!
  5. まるで純正のように! 相性良好! 貼り付けるだけでメッキの煌めきを高める30系アルファード&ヴェルファイア用パーツ
    2019年10月20日
    まるで純正のように! 相性良好! 貼り付けるだけでメッキの煌めきを高める30系アルファード&ヴェルファイア用パーツ
  6. まるで純正のように! 相性良好! 貼り付けるだけでメッキの煌めきを高める30系アルファード&ヴェルファイア用パーツ
  7. こんなプロボックスあり!? 今どきなフラップエアロに超深リムが履ける過激なオバフェン!
    2019年10月21日
    こんなプロボックスあり!? 今どきなフラップエアロに超深リムが履ける過激なオバフェン!
  8. こんなプロボックスあり!? 今どきなフラップエアロに超深リムが履ける過激なオバフェン!
  9. タイヤが薄くなって乗り心地が悪くなりがちな大口径化。22インチで乗り心地も考慮するには?|30アルファード & ヴェルファイア カスタム
    2019年10月19日
    タイヤが薄くなって乗り心地が悪くなりがちな大口径化。22インチで乗り心地も考慮するには?|30アルファード & ヴェルファイア カスタム
  10. タイヤが薄くなって乗り心地が悪くなりがちな大口径化。22インチで乗り心地も考慮するには?|30アルファード & ヴェルファイア カスタム
もっと見る