こんなレクサスLMがあったら乗ってみたい!エアロメーカーのCGを公開!【LEXUS LM妄想カスタム】|シルクブレイズ

  • 公開日時 :

【LEXUS LM妄想カスタム】

旬のエアロメーカーにCGを作ってもらいました!

レクサス LEXUS LM CUSTOM エアロ カスタム シルクブレイズ
2019年4月、中国で開催された上海国際自動車ショーにて、世界で初めてお披露目されたレクサス・LM。レクサスの最上級“L”を冠し、しかもレクサス初のミニバンということで、世界的に話題をよんでいるクルマだ。

現状では、まだお披露目されただけで、中国や東南アジアでの販売も始まっていない。日本への導入があるかどうかも分からない。が、しかし!! スタワゴとしてはぜひとも日本導入が決まって欲しい!!
ということで、旬のエアロメーカー6社に、「もし日本にLMが導入されたならどう魅せる!?」ということで、エアロパーツのCGを作ってもらいました!

そもそもが、間違いなく最もデカいスピンドルグリルを備えていて迫力も存在感も強烈だが、やはりローダウンして、インチアップして、エアロパーツまで加えると実にシビれる雰囲気に。

第四弾は、多彩なカスタムブランドを展開するビッグメーカー、ケースペックのシルクブレイズだ!

Silk Blaze/シルクブレイズ

メッキ仕様の別体フラップも
レクサス LEXUS LM CUSTOM エアロ カスタム シルクブレイズ
レクサスLMに対して、従来のシリーズではなく、全く新しい路線でフラップエアロの装着を提案するシルクブレイズ。

「シンプルでスポーティ、そんなイメージが似合うのかなと思い、両サイドを立ち上げたフラップエアロを組み合わせてみました。ひとつは両サイド、中央を別体式にしており、スポーツ感が得られる仕様に。センターをステンレス仕様にしてフェイス全体の統一感を高めるのも結構ありだと思います」とケースペックの筒井さん。

シルクブレイズとしては新しい提案となるフラップ系エアロ。1本モノのフラットなフラップデザインと、3ピース構造でセンターのフラップにはスピンドルグリルとのカラーコーディネイトを狙ったステンレスのアレンジを加える。

リアはシンプルなフラップだが、中央にディフューザー風のラインを入れるなど、さり気なくスポーティさを高める。アルファード&ヴェルファイア専用のホイールなども展開するシルクブレイズだけに、もしLMが日本導入されれば、注目のブランドとなるだろう。

シルクブレイズ
http://silkblaze.com

[Text byスタイルワゴン・ドレスアップナビ編集部]

関連車種の記事を見る

スポンサードリンク

記事情報

  • 公開日時 :

関連車種