タイヤの空気圧ちゃんとチェックしてますか? スマホで空気圧の数値が確認できます!

  • 公開日時 :
  • 更新日時 :

音と光でタイヤの異常を通知する
ドライバーコンパスが新登場!


SOFT99
ソフト99/ドライバーコンパス


ソフト99 ドライバーコンパス タイヤ 空気圧 チェック アプリ
ソフト99コーポレーションは、急増する空気圧不足によるタイヤトラブルのリスクを軽減するために、タイヤの空気圧や温度をモニタリングするTPMS「ドライバーコンパス(受信機)」、「ドライバーコンパス対応空気圧センサー」を発売する。

近年、空気圧不足によるパンクなど、自動車のタイヤにまつわる路上故障件数が増加しており、平成30年には一般道で35.3%、高速道路で58.7%と故障部位別発生率でそれぞれ第一位となっており、さらにその割合は年々増加する傾向にある。

その背景にはドライバーのメンテナンスに対する知識や意識に低下、フルサービスのガソリンスタンドの減少などタイヤを定期的に点検する機会が減少したことが大きな要因になっていると考えられる。

海外ではタイヤ空気圧低下による事故の発生を回避し、燃費の悪化を防ぐため、TPMS(タイヤ空気圧モニタリングシステム)装着の義務化が広がってきており、近い将来ABSやエアバッグ同様に新車への安全装置として標準装備される必要性について論議を進んでいる。

まず、ドライバーコンパス(受信機)は、車両のUSBポートに接続するだけでOK。フレキシブルワイヤーを採用しているので、USBポートの場所やスペースに合わせて取り付けることが可能。受信機本体裏側にはUSBポートが装備されているので、スマフォなどの充電に利用できる。

一方、ホイールに取り付けられる「ドライバーコンパス対応空気圧センサー」は、固定するエアバルブにゴムバルブを採用することで、アルミホイール、スチールホイールを問わず、幅広いサイズのホイールへの取り付けを可能としている。

あらかじめ設定されたタイヤの空気圧の上限値、下限値、タイヤ温度の上限値のいずれかが越えると、アラーム音と赤い点滅で警告。常時モニタリングすることで、空気圧が少しずつ抜けていくスローパンクチャーの早期発見にも有効だ。

また、ドライバーコンパスとBluetooth接続することで、タイヤの状態を4本同時に確認することができる情報管理アプリ「どらあぷ」も登場。“タイヤ空気圧確認機能”の他、車両に応じた空気圧の上限値や下限値、タイヤ温度の上限値を設定することができ、タイヤの状態をモニタリングすることができる。


●商品名:ドライバーコンパス(受信機)
●価格:オープン価格


USBポートに装着するドライバーコンパス受信機。フレキシブルワイヤーで自由に位置を変えられる。通常はブルーに点灯しているが、異常を検知すると赤く点滅して知らせてくれる。


●商品名:ドライバーコンパス対応空気圧センサー
●価格:オープン価格


●商品名:どらあぷ ver.4.0
●価格:無料
●対応端末・OS:iOS 9系〜12系、Android OS 5系〜8系のスマートフォン

タイヤ空気圧の表示単位変更や、前輪・後輪別に空気圧の上限値、下限値、タイヤ温度の上限値を設定することができ、自身の車両に応じた設定でモニタリングできる。

タイヤローテーション時のセンサー位置変更、タイヤ交換時の新規センサーID登録なども「どらあぷ」で簡単に設定することができる。

問:ソフト99コーポレーション 06-6942-2851
http://www.soft99.co.jp

[スタイルワゴン・ドレスアップナビ編集部_清水 勤]

記事情報

  • 公開日時 :
  • 更新日時 :

関連パーツ