新型ジムニー走り比べ! ローダウン&パワー系チューンありの1台!|JB64型ジムニー カスタム

  • 公開日時 :

パフォーマンスチューニングの雄が挑むJB64ストリートスペシャルパッケージ

HKS

ジムニー パフォーマンスチューニングの雄が挑むJB64ストリートスペシャルパッケージ|HKS

ローダウンスタイルが斬新

1973年の創業から、45年以上の長い歴史を誇るHKS。
その歴史から生み出されるパフォーマンスパーツの実力は、日本のみならず世界的に評価されている。
そんなHKSが新たなベースマシンとして白羽の矢を立てたのが、JB64ジムニー。
JA11やJB23といった歴代モデルにもマフラーなどをラインアップしていたが、デモカーを導入するのは現行モデルのJB64が初。
開発能力の高さを生かして、早くもトータルチューンを施してきた。

HKSがJB63用パーツのコンセプトとしているのは、“ストリートでの完成度の向上”。
長年培ってきたストリートチューニングのノウハウを投入し、高い快適性をもたせながら、どこまでも走りたくなるような楽しさを追求しているのだ。

それを具現化しているのが、オリジナルサスペンションのハイパーマックスGプラス。
ややハードレートなスプリングと減衰力30段調整のモノチューブダンパーの組み合わせで、約30㎜のローダウンセッティングとしているのが特徴。
重心を下げることで、舗装路走行時にノーマルで発生するロールやピッチングを解消させている。

またパワー系は、純正の圧力センサーにカプラーオンの手軽さで、ブーストアップを可能にするパワーエディターを追加。
高い排気効率を誇るストレート構造のスーパーターボマフラーとの相乗効果で、10㎰を超えるパワーアップを実現しているのだ。

ワインディングを走らせてまず感じたのは、やや堅めのスポーティな乗り心地。
ローダウン効果なのか、下りの高速コーナーでも不安なく踏んでいけた。
この足まわりなら、さらにチューンをステップアップしていっても、パワーを受け止めてくれそうだ。

ホイール&タイヤは、アドバンレーシングRJ-D2に純正サイズのジオランダーG015という組み合わせ。
リヤダンパーは倒立式なので、簡単に減衰力調整(30段)できるのもポイントだ。
チタンカラーのマフラーテールもスタイリッシュだ。

大きなロールやピッチングを解消するための、約30mmローダウンスタイルが新鮮。
マットブラックのエクステリアはラッピング、バンパーは防護塗料LINE-X仕上げ。

パワーエディター

純正の圧力センサーにカプラーオンで、簡単にブーストアップを楽しめるパワーエディター。
純正ECU対応のプリセットデータのほか、PC接続でブーストアップデータの書き換えも可能となっている。

●価格:3万5000円(税別) ●仕様:5MT車専用

スーパーエアフィルター

車種別設計の樹脂製フレームに新開発の乾式不織布フィルターを組み合わせ、優れた吸入効率と集じん性能を両立した純正交換タイプのスーパーエアフィルター。
レーシングサクションも開発中だ。

●価格:3900円(税別)

ハイパーマックスG+

国内の自社工場で製造する高品質が自慢のハイパーマックスシリーズ。
JB64用の“G+”は、車高調整機能を持たない純正形状タイプ。
確かな減衰力の単筒式ダンパーと専用スプリング採用で舗装路での走りを追求した。

●価格:13万8000円(税別)
●仕様:純正車高比F:-30㎜/R:-35㎜、
減衰力30段調整機能

スーパーターボマフラー

排気抵抗となる絞りを設けない完全ストレート構造で、音量は控えめながら大幅な排気効率アップを実現。
ノーマルはもちろんブーストアップやタービン交換にまで対応できる。
パワーエディターとのお得なセットも設定。

●価格:7万5000円(税別)
●仕様:ステンレス製、メインパイプ径50.8φ、テール外径90φ

強化Vベルト

軽量かつ耐摩耗性も高い為、必要以上の張りを必要とせず、対発音性の減少で鳴きにも効果を発揮。
従来のVベルトに採用されている材料に対し、比重が最も小さい為、軽量化の恩恵を得られるのが特徴。

HKS商品戦略室 近藤剛生さん

従来モデルとは異なるストリートメインのユーザーに向けて、HKSのノウハウで舗装路での快適性とスポーツ性を向上させるパーツを展開。
メタルキャタライザーやレーシングサクションもリリースに向けて開発中です。

ハイパーレブ vol.235 スズキ・ジムニー No.5  2019年5月31日発売号より

[スタイルワゴン・ドレスアップナビ]