右足にもフットレスト! アイサイト走行中のスタンバイポジションを変える!|スバル・レヴォーグ

  • 公開日時 :
  • 更新日時 :

右足の置き場所になやんだ結果

開発された右足用フットレスト

レヴォーグ用 右足フットレストkit/K2ギア

レヴォーグ、レガシィを主としたチューニング&カスタマイズアイテムを数多くリリースしているK2ギアが、レヴォーグの右足用フットレストを製作、予約開始となった。

スバル・アイサイトなどの機能のひとつ、アダプティブ・クルーズ・コントロールの動作時には、アクセル、ブレーキの操作は車両がサポートしてくれ、ドライバーは走行状態に応じて適宜、必要があった際に操作することになる。
特に停止保持機能があり、ステアリングのレバー操作で設定速度への復帰が可能なレヴォーグやレガシィなどのアイサイトでは、渋滞時の高速道路など、場合によっては30分単位、数十キロ単位でアクセル、ブレーキの操作が必要がないケースもある。
そういったときに悩むのが右足の置きどころ。

もちろん、いつでも操作できる位置での待機は必要なのだが、そうなると、かかとを付けた状態でブレーキ前に右足(ないし左足)がスタンバイしているという状態で長い時間を走ることも。
ペダル前のフロアに足を置いてしまうこともありそうだが、なんとなくそこからペダル操作となると素早いアクションというには不安が残る……という場合もあるかもしれない。

その位置にも意味がある?

アクセル、ブレーキペダルより高い位置で移動がしやすい!

そこで、K2ギアが製作したのが、右足フットレスト。
試作品を踏み込んでみると、左フットレストよりも手前にフットレストがあり、より膝が折れた状態で踏みしめることになる。
奥行き側のレイアウトとしては、アクセル、ブレーキペダルよりも手前。

コーナーなどで踏ん張るという左足フットレストにある役割と違い、スタンバイという意味では、この位置が大切。
緊急時のブレーキ操作などへ移行する際、アクセルペダルを通り越してブレーキペダルに容易にリーチできるポジションなのだ。

2019年8月25日までの予約限定で、特価(価格、特典等はK2ギアのサイトにて)となっているこのアイテム。
日々アイサイトONで走行しているレヴォーグユーザーの中には待ちわびていたユーザーもいるかもしれない。

SPECIFICATION

レヴォーグ用 右足フットレストkit/K2ギア
●適合車種:レヴォーグ全タイプ
※レヴォーグ以外の正式適合については順次確認取れ次第追加
●FRP(ブラック系塗装済) 3万4000円+税
●カーボン(クリア塗装済) 価格未定
●オプション:カラーチェンジ用デコシート 黒、銀、赤、青 4枚1セット 2000円+税
●K2ギア通常取付工賃 3000円+税

[スタイルワゴン・ドレスアップナビ_古川教夫]

記事情報

  • 公開日時 :
  • 更新日時 :

関連車種