3Dスキャナーと3D・CADがオフローダージムニーJB64のワイルドな造形を精緻に作り出す

  • 公開日時 :

オフローダーのスペシャリストが手掛ける機能性をアップさせるBATTLEZキットに大注目

JAOS

ジムニー ジムニーカスタム

リフトアップセットには2タイプのキットを用意

日本を代表するオフローダーブランドであるジャオスには、オフローダーを楽しみ尽くすためのアイテムたちが豊富に、多彩に設定される。
JB64ジムニーでもそれは同様、スポーツカウルなどのスタイルアップパーツから、スポーティなチタンマフラーまで、そのラインアップは文句なしに幅広い。
中でも注目しておきたいのは、2タイプが設定されるバトルズのリフトアップセット。
前後ともに35〜 40㎜のアゲを楽しめる仕様で、チタン配合材を採用したヘタリ保証付きのコイルスプリングと、ハーモフレック機構を搭載した高性能ダンパーと組み合わせる。
ハーモフレック機構というのは、名門KYBが開発した「状況に応じて減衰力を可変」させる機能のこと。
大きくてゆっくり、小さくて速い、といった動リフトアップセットには2タイプのキットを用意きを周波数として解析し、それに応じた最適な減衰を実現できるのがその特徴。
減衰が低ければ衝撃を柔軟に吸収することができ、コーリングなどで減衰が高まれば、バネの動きを抑えて挙動を安定させることができる。
つまり、どんなシーンでも常に快適な乗り心地を確保できるという逸品なのだ。
この足まわりには、スプリング&ダンパーのみのセットと、そこにリフトアップ用の補正デバイスを合わせたコンプリートセットをラインアップ。
アームプロテクターやダンパープロテクターなどのアンダーガードも設定されているため、合わせて装着すれば快適で安全なリフトアップを満喫できる。
人気のホイール、エクセルJX2をアップデートした最新作、エクセルJX3も必見。
ディスク外周に冷却フィンをイメージしたデザインを採用するなど、オフロード系タイヤとの相性もバツグンで、パワー感はたっぷりだ。

ジャオスではJB64ジムニーを先行開発していたが、いよいよJB74ジムニーシエラもにも着手。
まずはサスペンションとマフラーが中心だが、今後は各種アイテムを展開していく予定だ。


冷却フィンをイメージしたディスク外周のアレンジや、奥行き感を強めるスポークのリブ形状など、シンプルながらも精巧な印象。
カラーは精悍なガンメタリックだ。


巻き込みと巻き上げというマッドガードの弱点を、PPベルトとジェットホールで軽減したのが特徴。
装着に必要な部品をすべて含むのも便利。


スポーティなサウンドと、スポーツマフラーらしい軽快さとにこだわったマフラー。
テールエンドはチタンカラー仕様、もちろん車検にも対応。


フロント用のアームプロテクターは全グレードに対応。
オフロード走行時にヒットしやすいフロントリーディングアームピボットをガードする。


アームプロテクターにはリア用もあり。
表面はキズ付きにくいショットブラスト+電解研磨仕上げで耐久性も満点。
ジャオスのロゴもオシャレ。


ガソリンタンク横に備わるチャコールキャニスターをガードするためのパーツ。
2.5mm厚のステンレス製で、表面はキズ付きにくいタフ仕上げ。


サスで最もダメージを受けやすいリアダンパーの取り付け部。
これを保護するためのステンレス製ガードがコレ。
スキッドしやすい形状が特徴。


チタン配合材を使用したコイルスプリングと、ハーモフレック機構搭載のダンパーとがセットになったリフトアップキット。
コンプリート版はリフトアップ用補正デバイスも付属する

純正交換式のフロントグリルは、開口部からヘッドライトまでをカバーするため、顔つきがガラリと一変。
メッシュネット付きでスポーティだ。

PART LIST for JB64W

●フロントスポーツカウル 4万8000円
●フロントグリル 3万2000円
●スキッドプレート 1万2000円
●キャスタニーガード 1万円
●アームプロテクターフロント 1万5000円
●アームプロテクターリア 1万5000円
●ダンパープロテクターリア 1万2000円
●スペアタイヤブラケット 1万6000円
●マッドガードⅢフロント/リア 各1万3000円
●BATTLEZマフラー ZS 6万4000円
●BATTLEZマフラー ZSチタンカラー 6万8000円
●BATTLEZリフトアップセット 10万3000円
●BATTLEZリフトアップセットコンプリート 15万6000円
●BATTLEZダンパー 6万7000円
●EXCEL JX3 マットガンメタリック5.5J×16+22 2万4000円
※価格はすべて税別

最先端技術×クラフトマンシップによる開発

ジャオスでは現在、3Dスキャナーと3D・CADによる最先端かつ精緻な設計を取り入れている。
ただしそれだけではなくて、最終的な造形は熟練のモデラーたちが、手作業での仕上げを加えるというハイブリッドな開発手法にこだわる。
現在、リアのバンパーを製作中。

ハイパーレブ vol.235 スズキ・ジムニー No.5  2019年5月31日発売号より

[スタイルワゴン・ドレスアップナビ]