エアフォースサスペンションジャパン

エアフォースサスペンションジャパンとは

カスタムシーン、とくにローダウンというジャンルにおいて、圧倒的なステータス性と利便性を持ち、プレミアムなカスタムパーツとして認知されているエアサスペンション、通称エアサス。日本には様々なエアサスメーカーがあるが、その中のひとつが、エアフォースサスペンションジャパンだ。メーカーの母体にあるのは、神奈川の湘南・横浜エリアでピックアップやラグ系など、多彩なカスタムを手掛けてきた老舗プロショップのジャッツ。最近では、Y30セドグロ専門の「湘南クラシック店」をオープンさせたことも話題となった。1990年にスタートしたジャッツは、時代に合わせて様々なジャンルのカスタムを手掛けてきたが、どのジャンルにおいても足まわりを得意としてきたショップ。とくにエアサスには強く、そのノウハウ、経験を活かして完成させたのが、エアフォースサスペンションジャパンのエアサスだ。

ブランド特徴

エアフォースのエアサスが掲げるのは「次世代エアサス」。エアサスの創生期は、エアバッグ内の空気を出し入れする機構は物理的な方法で弁を開閉するアナログなもので、配線類もエアタンクからコントローラーを介してエアバッグへとホースを繋ぐ有線方式だった。しかし、近年は電磁弁を使ったデジタル方式でコントローラーもリモコンを使ったワイヤレスが主流。エアフォースサスペンションジャパンは、デジタルかつワイヤレス、さらに簡単取り付けと高機能をパッケージ化した次世代のエアサスをラインアップする。現状基本となるキットは4タイプ。すべて車高調一体型エアバッグのボルトオンタイプだが、組み合わせるシステムが異なる。また、プロショップならではの美しいインストレーションも注目。エアタンクのカスタム設定や、まるでハイドロのパイプレイアウトのような配管をエアサスで見せるなど、独自の個性を発揮したアピールを続けている。

そのほかのトピック

メーカーとして様々なカーショーやイベントへも積極的に出展するエアフォース。エアサス単体やエアサス装着のデモカーは、普段なかなか目にする機会がないが、イベントに行けばエアフォースのデモカーを間近に見ることもできる。エアフォースのホームページでは、イベントの出展情報が載っているので、ぜひチェックしてみよう。

エアフォースサスペンションジャパン

電話 : 0467-50-2000 URL : http://www.airforce-sus.jp/