クールジャパン

クールジャパン

クールとは

新作エアロパーツをコンスタントに発表し、2017年からは本格的にホイール業界にも進出したクールは、東京オートサロンを筆頭とした国内外のビッグイベントにも精力的に出展するなど、ギャラリーの度肝を抜くデモカー、エアロパーツの提案で快進撃を続ける気鋭ブランド。ブランドの設立は2012年。ドリフトカーのチューニングや塗装を生業とするプロショップを母体にスタートした。現在そのショップは「クールレーシング」と名を変え、スポーツカーを中心としたチューニングプロショップとして、ミニバン・SUV系は「クールプレミアム」としてと、扱う部門を明確に分け事業展開している。新車コンプリートカー販売も行うその直営2店以外に、鈑金塗装の専門工場と整備工場をそれぞれ自社で完備。現在ではカスタムペイント界専門店として「ローハン」を、より深度の高いチューニング&カスタムを行うショップとして「キッツレーシング」を別会社としてグループ展開。飛躍的に事業を拡大し続ける、いまもっとも注目度の高いブランドだ。

ブランド特徴

主軸とするエアロパーツはバンパーからハーフまで多種多様にあるが、他社との大きな違いが、エアロ・オン・エアロとも呼べるフラップ的なディフューザーの展開や、エアロを素材の強度別に、レギュラー、ハイグレードと、複数から選べるようにしていることだ。エアロデザインはメリハリの効いた3Dデザインを得意としており、対象車もミニバンからSUV、そしてスポーツカーと幅広い。翼端板やフラップ、ステーにこだわったレーシーさ全開のGTウイングは、クールならではの製品として人気が高い。

そのほかのトピック

2016年より発売されているNISSAN GT-R(2017年モデル)のマフラー製造工場に初めて採用されました。GT-Rのマフラー構成部品は100種類以上にも及びます。それらは全て社内の職人により組み立てされています。各工程において厳しい評価基準をクリアした部品だけが次工程の職人へと託され、最終的に手作業による溶接や組み付けを行い商品としての最終チェックが行われます。その光景はもはや単なる自動車部品ではなく、芸術品といっても過言ではありません。その芸術品とも言えるマフラーは、GT-Rのポテンシャルを最大限に引き出す機能部品の一つでもあります。チタン合金の採用により従来品の20%(自社調べ)の軽量化に成功し、音質もチタン独特の甲高い非常にクリアなエグゾーストノートを奏でることができるのです。

  • 【30ヴェルファイア 30V-GT】

    空力を徹底追及し、FRP成形技術の頂点を極める超立体造形が特徴的な過激なバンパータイプエアロです。フロントバンパーには多数の割り型を駆使し、一体型空洞化を実現した業界初の3D形状エアロとなっています。

  • 【30アルファード 30A-SS】

    高級ミニバンをレーシングテイストに変貌させるためにボンネットから大胆に変更するエアロです。純正バンパー下部に吊り下げマウントしたフローティングディフューザーにより、走りを強烈に意識させるデザインに仕上がっています。

  • 【C-HR】

    高度なエアロ成形技術により、すべてのパーツを純正交換タイプとした究極のフィッティングを実現。フロントディフューザーは純正バンパーの40%を変更し、深い奥行きと合わせて、攻撃的スタイルを実現しています。

  • 【50プリウス 50R-SS】

    3Dスキャナーによるデータ取りとマシニング切削によりマスター成形を行う最先端のエアロ製法を採用し、業界最速でのエアロ製造を実現。ABS素材では不可能な製造技術により完成した立体感溢れる形状が特徴です。

  • 【60ハリアー 60H-SS】

    KUHLブランド初のSUVエアロです。フロントスポイラーにはハーフタイプながらも左右に大型のダクトを備え、センターにも空力効果の高いセンターダクトを配置した、他の追随を許さない立体感溢れるデザインに仕上げています。

  • 【ランドクルーザープラド】

    RVオフロード車をレーシングテイストに仕上げる業界初のエアロデザインです。純正バンパー・サイドステップ下部にボルトオンで装着する簡単取付と、大きく反り上げたレーシングデザインが特徴的です。

クールジャパンの記事一覧

最新クールジャパンブログ情報

クールジャパン

電話 : 052-693-9893 URL : http://www.kuhl-racing.com